聖人君子【せいじんくんし】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
聖人君子

【読み方】
せいじんくんし

【意味】
立派な人徳やすぐれた知識・教養を身につけた理想的な人物。非のうちどころのない理想的な人物。

「ほまれ高い聖人君子」などと表現する。

【語源・由来】
「聖人」は知識と徳のすぐれた理想的な人物。聖者(せいじゃ)。
「君子」は学識・人格のすぐれた人。賢者。

【類義語】
・聖人賢者(せいじんけんじゃ)
・雲中白鶴(うんちゅうはっかく)

【英語訳】
・man of noble character
・perfect person
・person of lofty virtue
・A splendid person who wears the virtue and excellent knowledge and the education.

【スポンサーリンク】

聖人君子(せいじんくんし)の使い方

ともこ
学級委員のA君って、穏やかで勉強もできて、誰とでも分け隔てなく接して、スポーツも万能。
健太
どんな時でも卑怯なまねはしない、信用できる人物だよな。
ともこ
素敵よね~。聖人君子とは彼のような人を言うのよ。
健太
同じ男子から見ても尊敬できるよ。

聖人君子(せいじんくんし)の例文

  1. 今、テレビで話題のお坊さん。神のような奇跡を起こせる聖人君子だとか威張っているが、実際はとんだ詐欺師らしい。
  2. 彼は遊び人で聖人君子だったわけではないが、自分に嘘はつかない人物だった。
  3. 黙ってはいるが、心の片隅には嫉妬や妬みが渦を巻いている。皆が思うほど、私は聖人君子ではない。
  4. 今の世の中を泰平に導くためには聖人君子が必要だ。君がその役を演じてくれないと、争いが続いてしまうのだ。
  5. 聖人君子だと、いくら気取ったところで彼のギャンブル癖はおさえられるはずがない。
<次郎物語/下村湖人>より
それがいけないんだ。子供のくせに、ひねこびた聖人君子になってしまっちゃあ、おしまいじゃないか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事