咫尺之書【しせきのしょ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
咫尺之書

【読み方】
しせきのしょ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
短い書状。簡単な書状。尺書のこと。

【語源・由来】
『史記』「淮陰侯伝」より。「咫尺」は周代の長さの単位で、咫は八寸、尺は十寸。転じて、きわめて短い距離や長さをいう。


咫尺之書(しせきのしょ)の使い方

健太
ともこちゃんからのメールの返事はいつも咫尺之書だよね。
ともこ
咫尺之書の方がわかりやすくて、誤解が生じることがないでしょう。
健太
そうだけど、なんだかそっけないよね。
ともこ
じゃあ、今度から絵文字をつけて送るわ。

咫尺之書(しせきのしょ)の例文

  1. 健太くんのメールは咫尺之書で、「はい」か「いいえ」のように一言であることが多いです。
  2. 年賀状には、咫尺之書であっても直筆のメッセージが添えられているとうれしいものです。
  3. 健太くんからのLINEのメッセージは、咫尺之書どころか、一文字もなく、LINEスタンプしか送ってこないんです。
  4. 健太くんが旅先から送ってくれる手紙は、咫尺之書だけれども、元気そうにやっていることが文字から伝わってきました。
  5. 咫尺之書でいいから、実家のお母さんにたまには手紙を書いてあげなさい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事