襲名披露【しゅうめいひろう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
襲名披露

【読み方】
しゅうめいひろう

日本漢字能力検定
2級

【意味】
親または師匠の名前を継いだことを公表すること。

【語源・由来】
「襲名」は名前や受け継ぐこと、「披露」は公に発表すること。


襲名披露(しゅうめいひろう)の使い方

健太
もうすぐ歌舞伎の襲名披露公演が始まるね。
ともこ
とても楽しみよね。健太くんはチケットを取ることができたの?
健太
一番後ろで見にくい席だったんだけど、なんとか取ることができたよ。やっぱり人気で、すぐに完売してしまったようだよ。
ともこ
私は、お父さんが友人同士だから、一等席を取ってもらったの。今から楽しみだわあ。

襲名披露(しゅうめいひろう)の例文

  1. 健太くんが、家元であるお父さんの跡を継ぎ、健太郎と名を変え、来月に襲名披露をするそうです。
  2. 華道の家元を襲名した友人の襲名披露パーティーに参加しましたが、とても華やかなものでした。
  3. ともこちゃんの襲名披露をお祝いするためにご祝儀を包んで持って行きました。
  4. 襲名披露の祝い幕のデザインを依頼されたのですが、大変光栄なことです。
  5. 襲名披露を行う友人のために、花屋さんと相談して胡蝶蘭を送ることにしました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事