竹馬之友【ちくばのとも】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
竹馬之友

【読み方】
ちくばのとも

【意味】
子供のころからの親友や幼馴染のこと。

【語源・由来】
「晋書」殷浩伝より。「竹馬」は一本の竹の棒にまたがり、馬に見立てて駆け回る遊びのことから、幼いころから一緒に遊んだ友達という意味。

【類義語】
・総角之交(そうかくのまじわり)
・総角之好(そうかくのよしみ)
・竹馬之好(ちくばのよしみ)

【スポンサーリンク】

竹馬之友(ちくばのとも)の使い方

健太
ともこちゃん。夏休みがあと一週間だと言うのに宿題が終わらないんだ。助けてよ。
ともこ
いやよ。毎日遊んでいた健太くんが悪いんだわ。
健太
竹馬之友じゃないか。竹馬之友のよしみで何とか手伝ってくれないかな。
ともこ
確かに健太くんがおねしょしていた頃から知っているけれども、お断りです!

竹馬之友(ちくばのとも)の例文

  1. あの芸能人とは家が近くて竹馬之友でした。
  2. 今年はまとまった休みを取ることが出来たので、竹馬之友に会いに故郷に帰る。
  3. 健太くんは、大学で離れるまでずっと仲が良かった竹馬之友です。
  4. 竹馬之友の近況をfacebookで知りました。
  5. ともこちゃんとは、生まれた日も病院も一緒、ミラクルな竹馬之友なんです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事