三分鼎足【さんぶんていそく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
三分鼎足

【読み方】
さんぶんていそく

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
鼎の足のように天下を三分して三つの国が並び立つこと。

【語源・由来】
『史記』「淮陰侯伝」より。「鼎」は三本の足のある器で、三本の脚のバランスで立っている。

【類義語】
・三者鼎立(さんしゃていりつ)
・三分鼎立(さんぶんていりつ)


三分鼎足(さんぶんていそく)の使い方

健太
この時代は、中国は三分鼎足していたんだって。
ともこ
あっ。魏・呉・蜀の三国が争っていた時代ね。
健太
そうだよ。劉備、諸葛亮、関羽と今でも人気のある人たちが生きていた時代だよ。
ともこ
うわあ。私もその時代に生まれて同じ空気を吸いたかったわ。

三分鼎足(さんぶんていそく)の例文

  1. 何とか手を打たなければ、このままでは日本が三分鼎足しかねない。
  2. 三分鼎足していた国を一つにまとめたのが、健太くんのおじいさんなんですよ。
  3. いつまでも三分鼎足していては、三国が争っているその隙に、大国に漁夫の利のように奪われるかもしれない。
  4. 三分鼎足していた国が手を取り合って、連合国を作りました。
  5. 三人の豪族が権力を奪い合い、この国は三分鼎足しそうになっています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事