神工鬼斧【しんこうきふ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
神工鬼斧

【読み方】
しんこうきふ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
人間わざとは思えないほどすぐれた細工や作品のこと。

【語源・由来】
『荘子』「達生」より。「神工」は神の細工のこと。「鬼斧」は鬼が斧をふるった細工という意味。神わざ・名人芸のことをいう。

【類義語】
・鬼斧神工(きふしんこう)
・運斤成風(うんきんせいふう)
・匠石運斤(しょうせきうんきん)


神工鬼斧(しんこうきふ)の使い方

健太
ともこちゃん。昨日、ゴッホのひまわりを見てきたんだよ。神工鬼斧だったよ。
ともこ
へえ。ゴッホ展をやっているの?
健太
違うんだよ。新宿に行けばいつでも見ることができるんだよ。ガラス越しとはいえ、神工鬼斧をとても近くで見ることができるんだ。
ともこ
神工鬼斧を気軽に見ることができるなんてすばらしいわね。

神工鬼斧(しんこうきふ)の例文

  1. 運慶の作る像は神工鬼斧、まさに神の手で作られた彫像のように素晴らしい。
  2. オーギュスト・ロダンの考える人は、神工鬼斧で、見ているこっちも考え込んでしまう。
  3. モネの絵は神工鬼斧な絵で、あたかもそこに立っているかのような感覚に襲われます。
  4. ともこちゃんの作る作品は神工鬼斧で、将来を嘱望されている若きアーティストなんです。
  5. 健太くんの版画は、神工鬼斧、息遣いが伝わってくるようで、彼にはかなわないと悟りました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事