総角之好【そうかくのよしみ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典・類義語)

【四字熟語】
総角之好

【読み方】
そうかくのよしみ

【意味】
幼な友達との交わり。幼いころからの親友。

【語源・由来】
「総角」は髪を束ねて頭の両側に垂らした髪型。小児の髪型で、転じて小児の意味。「好」は親しい交わり。「友好」の「好」。

【典拠・出典】
晋書』「何劭伝」

【類義語】
・総角之交(そうかくのまじわり)
竹馬之友(ちくばのとも)


総角之好(そうかくのよしみ)の使い方

健太
ともこちゃんとは総角之好だよね。
ともこ
そうね。生まれた病院から幼稚園も小学校も一緒だったわね。
健太
総角之好である僕を助けて。夏休みの宿題が終わらないんだよ!
ともこ
毎年、自分の力でやりなさいって言っているでしょう。

総角之好(そうかくのよしみ)の例文

  1. ともこちゃんとは、幼いころバレエ教室で出会った時からの総角之好です。
  2. 健太くんは小学校の同級生だったんだけど、それ以来の付き合いで総角之好というやつですね。
  3. 親が転勤族で小さいころから引っ越しが多かったので、総角之好と呼べる人がいません。
  4. 総角之好である健太くんが苦しんでいるなら、なんとか手を差し伸べてあげたいとは思います。
  5. 孫がいるような年になっても、総角之好が数人集まると、若いころに戻った気がします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索