欲求不満【よっきゅうふまん】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
欲求不満

【読み方】
よっきゅうふまん

【意味】
欲求が何らかの障害によって阻止され、満足されない状態にあること。その緊張によって攻撃的になりやすい。要求阻止。フラストレーション。


欲求不満(よっきゅうふまん)の使い方

ともこ
健太くん。機嫌が悪そうね。
健太
母さんから、おやつ禁止令が出ていて、甘いものを食べたくて欲求不満なんだ。
ともこ
また悪さをしたのね。
健太
お客さん用のおまんじゅうを間違って食べただけなのに、こんな仕打ちひどすぎる。

欲求不満(よっきゅうふまん)の例文

  1. 禁煙の欲求不満を運動で解消することにした。
  2. 健太くんは、テストが終わるまで外出禁止令が出され、欲求不満に陥っている。
  3. ダイエットのためにおやつを我慢しているともこちゃんは、欲求不満でイライラしっぱなしだ。
  4. ゲームを取り上げられた健太くんは、欲求不満で貧乏ゆすりをしている。
  5. 健太くんは、今、欲求不満で攻撃的になっているから、触らぬ神に祟りなしだよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事