尨眉皓髪【ぼうびこうはつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
尨眉皓髪

【読み方】
ぼうびこうはつ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
白毛がまじったまゆと白い髪。老人のこと。

【語源・由来】
『後漢書』「劉寵伝」より。「尨」はまじる、白髪がまじること。「皓」はしろい、ひかる。髪が白くなってぬけること。


尨眉皓髪(ぼうびこうはつ)の使い方

健太
兄さんが数年ぶりに家に帰ってきたんだけど、父さんが尨眉皓髪になっていてとてもびっくりしたようだったよ。
ともこ
そんなに帰ってきていなかったの?ずっと何をしていたの?
健太
世界中を放浪して回っていたんだよ。またすぐに旅立ったんだけどね。
ともこ
次に会うときは、お兄さんが尨眉皓髪になっているかもしれないわね。

尨眉皓髪(ぼうびこうはつ)の例文

  1. 箱を開けたとたん尨眉皓髪になった浦島太郎は、さぞかし驚いたことでしょう。
  2. 健太くんのおばあちゃんは、あそこにいるかわいい尨眉皓髪な人ですよ。
  3. 尨眉皓髪となっても、ともこちゃんはきれいなままでした。
  4. この家は尨眉皓髪が暮らしやすいように配慮された家なんです。
  5. 尨眉皓髪のおばさんが、僕を村まで案内してくれましたが、歩くのが難儀そうだったので僕が背負って行きました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事