形容枯槁【けいようここう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
形容枯槁

【読み方】
けいようここう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
容姿がやつれていて、生気がないこと。

【語源・由来】
「戦国策」秦策より。「形容」は容姿のこと、「枯槁」は植物が枯れるという意味から、人がやつれることのたとえ。


形容枯槁(けいようここう)の使い方

ともこ
健太くん。どうしたの?形容枯槁じゃないの!
健太
昨日、大好きな女の子に振られてしまって、食事がのどを通らないんだ。
ともこ
健太くん!次の恋のために、ちゃんと食事をとって、格好いい男の子にならないとだめよ。
健太
そうだね。何だか食欲がわいてきたぞ。

形容枯槁(けいようここう)の例文

  1. 健太くんは、形容枯槁、あまりに生気がないからお化けが歩いているのかと思いましたよ。
  2. ともこちゃんは最近悩みを抱えているようで、形容枯槁です。
  3. ともこちゃんは、無理なダイエットをしているようで形容枯槁で美しくありません。
  4. 健太くんは、最近、よく眠ることができないようで形容枯槁で今にも倒れそうです。
  5. 入院したと聞いてお見舞いに行ったら、健太くんは、ベッドの上で形容枯槁といった様子だったので、どう声をかけていいのかわかりませんでした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事