千軍万馬【せんぐんばんば】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
千軍万馬

【読み方】
せんぐんばんば

【意味】
多くの兵士と多くの軍馬。大軍。非常に大きな軍隊。また、その勢いが強いことの形容。
数多くの戦いを経験していること。転じて、豊富な社会経験があること。
多くの苦労を重ねたしたたかな老練の人を形容する。

「千軍万馬の古強者(ふるつわもの)」などと表現する。

【語源・由来】
「千」「万」は数の多いことを示す。
現在では商売や仕事などの経験が豊かな意味として用いる。

「万」の旧字体は「萬」。

【類義語】
・海千山千(うみせんやません)
・千兵万馬(せんぺいばんば)
・百戦錬磨(ひゃくせんれんま)
・飽経風霜(ほうけいふうそう)

【英語訳】
・Very big army.
・Many soldiers and many horses.
・An army of strong momentum
・have experienced many battles.
・A wealth of social experience
・A hard-nosed person who has piled up a lot of hardships.

【スポンサーリンク】

千軍万馬(せんぐんばんば)の使い方

健太
この間、課長に意見したんだけど、軽くあしらわれたよ。
ともこ
よく意見したわね! あの課長は千軍万馬の古強者なのよ。やりこめられなかっただけでも幸せと思わなきゃ。
健太
僕みたいな新入社員の意見なんか、聞く耳持たないんだろうな。
ともこ
ドンマイ! 元気だして!

千軍万馬(せんぐんばんば)の例文

  1. 超大物タレントとの契約がまとまり、我が事務所は千軍万馬の援軍を得た。
  2. いくら勢いがあると言っても、そこは新人だ。力だけで押しても、千軍万馬技量が優れたチャンピオンにはかなわないだろう。
  3. うちの社長は歳ばかり重ねているが、物事を説明するのが苦手なんだ。君のところの社長は千軍万馬の古強者として、色々教えてくれるんだろう?うらやましいよ。
<関ケ原/司馬遼太郎>より
ふたりとも、豊臣(とよとみ)家の文官である石田三成が、千軍万馬の家康(いえやす)に勝てるとは思っていない。

<謀叛/柴田錬三郎>より
見るからに千軍万馬を往来した猛将らしい面魂(つらだましい)をそなえ、黒皮おどしの挂甲(かいこう)をつけ、

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事