狐裘羔袖【こきゅうこうしゅう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
狐裘羔袖

【読み方】
こきゅうこうしゅう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
全体は立派だが、一部に問題があること。「狐裘にして羔袖す」とも読む。

【語源・由来】
「春秋左氏伝」襄公一四年より。「狐裘」は子狐の脇の下にある高級な毛皮で作った皮衣。「羔袖」は子羊の皮で作った安物の袖。高級な皮衣に安物の袖をつけるということから。

【類義語】
・白璧微瑕(はくへきのびか)


狐裘羔袖(こきゅうこうしゅう)の使い方

健太
ともこちゃん。夏休みの宿題の読書感想文が出来たよ。読んでみて。
ともこ
うーん。狐裘羔袖ね。あと少しなおしたら賞を取ることが出来そうよ。
健太
本当?賞を取ることが出来るならがんばってなおすよ。
ともこ
げんきんな子ねえ。

狐裘羔袖(こきゅうこうしゅう)の例文

  1. 狐裘羔袖、この絵には何かが足りない、その何かがわからない。
  2. 狐裘羔袖、このマンションは立派で気に入っているけれども、日当たりだけが気に入らない。
  3. 狐裘羔袖、このワンピースは素敵で完璧に近いのに、丈が長すぎるのが難点よね。
  4. 狐裘羔袖、健太くんが書いた絵は素晴らしかったのに、猫がいたずらして足跡が付いてしまったのが残念ですね。
  5. 狐裘羔袖、状態は素晴らしいのですが、この本に添付されていたはずの資料が残っていれば、高く買い取ることが出来たのですが。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事