捧腹絶倒【ほうふくぜっとう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
捧腹絶倒

「抱腹絶倒」とも書く。

【読み方】
ほうふくぜっとう

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
腹を抱えて大笑いすること。

【語源・由来】
『史記』「日者伝」に「腹を棒えて大笑す」とあるのにもとづく。「捧腹」は腹をかかえて笑うこと。「絶倒」はころげ回るほど笑うこと。

【類義語】
・破顔大笑(はがんたいしょう)
・呵呵大笑(かかたいしょう)
・捧腹大笑(ほうふくたいしょう)


捧腹絶倒(ほうふくぜっとう)の使い方

ともこ
健太くん。さっきの落語はよかったわ。捧腹絶倒だったわよ。
健太
よかったー。みんなに理解してもらえるか心配だったんだよね。
ともこ
落語ってもっととっつきにくいのかと思っていたけれども、そんなことないのね。このまま笑い死ぬかと思ったわよ。
健太
またみんなの前で落語を披露したいな。

捧腹絶倒(ほうふくぜっとう)の例文

  1. お笑い芸人が何か言葉を発するたびに、会場にいる人たちは捧腹絶倒、笑いの嵐でした。
  2. 捧腹絶倒のコメディ番組だったのに、どうして放送終了になってしまったんだろう。
  3. 健太くんは捧腹絶倒な話で笑わせてくれるから、病気のことを忘れていられる。
  4. 彼らのボケとつっこみは絶妙で捧腹絶倒でした。
  5. 捧腹絶倒で最後に涙ありの最高の映画です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事