暴風怒涛【ぼうふうどとう】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
暴風怒涛

【読み方】
ぼうふうどとう

【意味】
激しい風とさかまく荒波。


暴風怒涛(ぼうふうどとう)の使い方

健太
今度やってくる台風は、過去最大らしいよ。
ともこ
暴風怒涛が日本を襲うのね。
健太
今から最悪の事態を想定して対策をしないとね。
ともこ
最悪の事態にならないことを祈るわ。

暴風怒涛(ぼうふうどとう)の例文

  1. 台風は過ぎ去ったが、吹き返しの暴風怒涛に注意が必要です。
  2. 地球温暖化の影響なのか、まるで台風のような暴風怒涛がこの地域を襲いました。
  3. 健太くんは、無謀にも暴風怒涛の中、海に出ました。
  4. 暴風怒涛の時の高波は、時に津波のように町をのみこむことがあります。
  5. 今年は台風の発生数が多く、暴風怒涛の日が多かった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事