喋喋喃喃【ちょうちょうなんなん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
喋喋喃喃

「喃喃喋喋」ともいう。

【読み方】
ちょうちょうなんなん

日本漢字能力検定
1級

【意味】
小声で親しげに話しあうさま。男女がむつまじげに語りあうさま。

【語源・由来】
「喋喋」は口数多くしきりにしゃべるさま。「喃喃」は小声でささやくさま。


喋喋喃喃(ちょうちょうなんなん)の使い方

健太
ともこちゃん。喋喋喃喃と語り合っていた今の男性は誰なの?
ともこ
えっ。見られていたの?うふふ。あれはいったい誰なんでしょうね。
健太
うふふって何だよー。あの男性はともこちゃんの何なんだー。
ともこ
そんなに気になるの?あれはいとこのお兄ちゃんだから恋人じゃないのよ。

喋喋喃喃(ちょうちょうなんなん)の例文

  1. 同窓会が終わった後も名残惜しそうに、喋喋喃喃としていました。
  2. 公園のベンチがたくさんあるんですが、喋喋喃喃としているカップルでいっぱいでした。
  3. 健太くんが駅前で喋喋喃喃としていたのは、やっぱり新しい彼女だったようです。
  4. 卒業式の間中、生徒たちが喋喋喃喃としていてざわついていました。
  5. 喋喋喃喃としている男女がいたので、用事があったのにその部屋に入りにくかったんです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事