月下老人【げっかろうじん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
月下老人

【読み方】
げっかろうじん

「月白く風清し」とも読む。

【意味】
男女の仲をとりもつ人。

【語源・由来】
『続幽怪録』「四」
唐の韋固が月夜に逢った老人(赤縄子)に将来の妻を予言された故事から。

【類義語】
・月下氷人(げっかひょうじん)


月下老人(げっかろうじん)の使い方

ともこ
近所に有名な月下老人がいるの。
健太
へえ。何組も縁談をまとめているの?
ともこ
そうなの。しかも、その人に頼むと、何と!必ず幸多き家庭になるという噂なのよ。
健太
本当に?僕もお願いしたいな。

月下老人(げっかろうじん)の例文

  1. 結婚できない兄を心配して、両親は月下老人に仲人を頼みに行った。
  2. 健太くんと彼女の月下老人は、ともこちゃんだ。
  3. この辺りの夫婦は、ほとんどがあの月下老人がとりもった仲だ。
  4. 妻とは上司の紹介で出会ったので、上司が月下老人と言える。
  5. 月下老人に頼むような年齢じゃないし、結婚できないんじゃなくて、あえてしないんです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事