波瀾曲折【はらんきょくせつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
波瀾曲折

「波乱曲折」とも書く。

【読み方】
はらんきょくせつ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
非常に込み入った事情。または非常に込み入った変化。

【語源・由来】
「波瀾」は波と荒波でもめごとという意味。「曲折」は折れ曲がることから込み入った事情という意味。

【類義語】
・紆余曲折(うよきょくせつ)


波瀾曲折(はらんきょくせつ)の使い方

ともこ
波瀾曲折に満ちていたけれども、やっとここまで来ることができたわね。
健太
本当だよね。無事に文化祭当日を迎えることができるのか不安になったときもあったよね。
ともこ
今日は、私たちも文化祭を思いっきり楽しみましょう。
健太
そうだね。今日までがんばって準備をしてきた分楽しもう。

波瀾曲折(はらんきょくせつ)の例文

  1. 僕はすんなり勝敗が決まる試合じゃなくてね、波瀾曲折のある試合が見たいんだよ。
  2. おもに波瀾曲折のあと、幸せになる話が好きなんです。
  3. 波瀾曲折の人生だったけれども、おおむね幸せでした。
  4. こんな風に波瀾曲折化させたのは、健太くんの失敗でしたね。
  5. 平凡な繰り返しの毎日よりも、波瀾曲折に富んだ毎日の方が楽しいじゃないか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事