翫歳愒日【がんさいかいじつ】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】
翫歳愒日

【読み方】
がんさいかいじつ

【意味】
怠惰に過ごし、月日を無駄にすること。「歳を翫び日を愒る」とも読む。

【語源・由来】
「翫」はもてあそぶこと。「愒」はむさぼること。

【典拠・出典】
春秋左氏伝』昭公元年


翫歳愒日(がんさいかいじつ)の使い方

健太
兄さんが、自分の部屋にひきこもるようになって早三年が経ったんだよ。
ともこ
へえ。もうそんなにひきこもっているの。翫歳愒日よね。
健太
そう思うでしょう?でも兄さんはひきこもっている間に英語とフランス語をマスターしたんだ。
ともこ
へえ。無駄じゃなかったわけね。

翫歳愒日(がんさいかいじつ)の例文

  1. 趣味がない僕は、休みの日は何もすることがなく、翫歳愒日、夜になって無意味な一日に気が付き、愕然とすることが多い。
  2. 夏休み中、毎日寝て過ごし、翫歳愒日、月日を無駄にしてしまいました。
  3. 私は貧乏性なので、翫歳愒日、ぼーっとして過ごすなんて一日だってできません。
  4. 人生は短いのだから、翫歳愒日の日々を送っているのはもったいないです。
  5. 怪我をしたからと言って、あきらめて翫歳愒日、ぼんやりしていないでリハビリに励んで早期復帰を目指しましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索