頂門一針【ちょうもんのいっしん】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
頂門一針

「針」は、「鍼」とも書く。

【読み方】
ちょうもんのいっしん

日本漢字能力検定
5級

【意味】
相手の急所を鋭く突く適切な戒め。

「頂門」は、頭のてっぺん。鍼灸で、頭のいただきに針を打って治療することから。

【類義語】
・寸鉄殺人(すんてつさつじん)
・頂門金椎(ちょうもんのきんつい)
・当頭一棒(とうとういちぼう)


頂門一針(ちょうもんのいっしん)の使い方

ともこ
健太くん。食べ過ぎよ。
健太
止まらないおいしさなんだよ。
ともこ
そうやって自制できないから告白しては振られの繰り返しなのよ。
健太
グサッと来る頂門一針だね。

頂門一針(ちょうもんのいっしん)の例文

  1. ともこちゃんの一言は頂門一針だったようで、健太くんは目が覚めました。
  2. 胸に突き刺さる頂門一針をともこちゃんからいただきました。
  3. 空手部の先生の言葉が頂門一針で、図星すぎて頭から離れません。
  4. 頂門一針を言ってくれる友人がいることは、とてもありがたいことだと健太くんは分かっている。
  5. ともこちゃんからの頂門一針が刺さりすぎて、健太くんは、食事が喉を通らないようだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事