社交辞令【しゃこうじれい】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
社交辞令

【読み方】
しゃこうじれい

【意味】
社交上のあいさつ。また、相手をただ喜ばせるためだけの、うわべのあいさつ。リップサービス。


社交辞令(しゃこうじれい)の使い方

健太
さっき、かっこいいねって言われたんだよ。
ともこ
それは社交辞令よ。
健太
本音かもしれないじゃないか。
ともこ
だってあの人は誰にでも同じことを言うんだもの。

社交辞令(しゃこうじれい)の例文

  1. 社交辞令で褒められてもうれしくない。
  2. 健太くんは、心にもない社交辞令をいう人だ。
  3. 有名だからよく知っていますよというのは社交辞令ですよね。
  4. ともこちゃんは、適当に社交辞令の挨拶をした。
  5. 可愛いお孫さんですねと社交辞令をいったら、とても喜ばれた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事