轅門二竜【えんもんにりょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
轅門二竜

【読み方】
えんもんにりょう

えんもんにりゅうとも読む。
日本漢字能力検定
1級

【意味】
中国の唐の烏承玭と族兄の烏承恩のこと。二人が戦場ですぐれた功績をあげたことを評した言葉。

【語源・由来】
「新唐書」轅門より。「轅門」は戦場のたとえで、二台の戦車の舵棒、轅を向かい合わせて門にしたということから。

【スポンサーリンク】

轅門二竜(えんもんにりょう)の使い方

ともこ
轅門二竜、健太くんとクラスメイトの彼は、サッカーの試合ですごい活躍だったわね。
健太
えへへ。見ててくれた?
ともこ
二人で10人抜きをしたんだもの。グラウンドはものすごい歓声の渦だったわよ。
健太
えへへ。あの時は神がかっていたよね。

轅門二竜(えんもんにりょう)の例文

  1. 轅門二竜、彼ら二人の活躍は、敵ながら素晴らしく、彼らのチームワークを乱さない限り、我らに勝利はない。
  2. 轅門二竜、あの二人だけでこの試合中、50点も取っているよ。
  3. 轅門二竜、健太くんとともこちゃんがいるこのチームは最強です。
  4. 轅門二竜、あのペアは隙が無くて、大方の予想通り優勝しました。
  5. 轅門二竜、あの双子は、すごく息の合った連係プレーをみせ、勝利しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事