滑稽洒脱【こっけいしゃだつ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
滑稽洒脱

注意 「滑稽」を「骨稽」と書くのは誤りです。

【読み方】
こっけいしゃだつ

【意味】
機知に富んだ言動や知恵で、洗練されていること。
知力に富み、巧みにおもしろく言いこなして、俗気がなくあかぬけしていてさっぱりとしているさま。

【語源・由来】
「滑稽」は話しぶりが滑らかで弁舌が上手く、機知に富む言葉がすらすらと滑らかに出るさまの意味です。
また「洒脱」は俗気がなく、さっぱりとしていて洗練されていることの意味です。

【類義語】
軽妙洒脱(けいみょうしゃだつ)

【対義語】

【英語訳】
witty
smooth-talking and polished
free,easy,and urbane

例文 彼の説法は滑稽洒脱だ。
his sermons were unpredictably witty and satirical as well as eloquent.
【スポンサーリンク】

滑稽洒脱(こっけいしゃだつ)の使い方

ともこ
国語の田中先生はいつも話し方がうまいよね。頭の回転も速いし、空気を読むのもうまいよね。
健太
うん、他のクラスの人にも聞いたけど、どのクラスでも人気があるみたい。
ともこ
気のきいた冗談も交えて授業を行うから、みんな大好きみたい。
健太
まさに滑稽洒脱な先生だよね。僕も大好き!

滑稽洒脱(こっけいしゃだつ)の例文

  1. あの新刊本は滑稽洒脱な文章が受けて、人気が出ているらしい。
  2. あのイベントでは江戸っ子気質の滑稽洒脱な人が登場すると一気に和やかな雰囲気になった。
  3. 滑稽洒脱な会話が社長の本音も垣間見ることができ、社員全員のモチベーションアップにつながった。
  4. このタレントのテレビ番組は滑稽洒脱な味わいが支持され、視聴率が急上昇した。
  5. アメリカ人は一般の人でも会話にお洒落な冗談を交えて話すことができ、滑稽洒脱の素質を備えている人が多いような気がする。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事