曲水流觴【きょくすいりゅうしょう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
曲水流觴

【読み方】
きょくすいりゅうしょう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
曲がりくねっている小さな川の上流に、酒の入った杯を浮かべ、自分の前を流れていってしまう前に詩を作って、杯の酒を飲むという風流な遊びのこと。

【語源・由来】
王羲之「蘭亭集序」より。「曲水」は曲がりくねっている小川。「觴」は杯のこと。陰暦の三月三日に行われた風習で、中国の晋の王羲之が会稽の蘭亭で行ったものが有名。日本では奈良時代や平安時代に行われ、曲水の宴と呼ばれた。

【類義語】
・曲水之宴(きょくすいのうたげ)
・流觴曲水(りゅうしょうきょくすい)


曲水流觴(きょくすいりゅうしょう)の使い方

健太
曲水流觴の宴に誘われたんだけど・・・。
ともこ
あら、風流で良いわね。
健太
良くないよ。きっと100個の杯が流れていっても詩を作ることはできないよ。
ともこ
そんな時は、詩を作ることができない悲しみを詩にすればいいじゃない。難しく考えないで楽しんできて。

曲水流觴(きょくすいりゅうしょう)の例文

  1. 昔の慣習に習って、三月三日に曲水流觴の宴が催されます。
  2. 曲水流觴の会で、ともこちゃんは、杯が流れてくるまでに三個も詩を詠んで、みんなを驚かせました。
  3. 曲水流觴の宴で、五歳の男の子ですら詩を作っているのに、僕にはできませんでした。
  4. 最近では、小川が地下に埋められ消えてしまったので、曲水流觴の会はなくなってしまいました。
  5. 曲水流觴の宴でともこちゃんを驚かせるために、今から詩を100個作っておきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事