延陵季子【えんりょうのきし】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
延陵季子

【読み方】
えんりょうのきし

日本漢字能力検定
3級

【意味】
中国の春秋時代の呉の季札のこと。「延陵」は中国の呉の地名。「季」は兄弟の四男のこと。

【語源・由来】
「史記」呉太伯世家より。賢者の季札は、父親の呉王の寿夢の四男で、延陵を与えられて、見事にその地を治めたということから。


延陵季子(えんりょうのきし)の使い方

健太
ともこちゃん。今度の生徒会長選に出馬すると良いよ。
ともこ
ええっ。でもまだ私は一年生よ。
健太
大丈夫だよ。延陵季子のように四男でも見事な政治力を見せることが出来たんだから。
ともこ
うーん。・・・やってみようかな。

延陵季子(えんりょうのきし)の例文

  1. 延陵季子のように活躍したともこちゃんは、A市と言えばともこちゃんと後世まで語り継がれています。
  2. 延陵季子、末っ子の健太くんが、倒産しかけた家業を立て直しました。
  3. 延陵季子、長男に継がせることにこだわらず、次男に継がせたことで老舗の暖簾を守ることが出来ました。
  4. 延陵季子、三男が一番私の才能を受け継いでいて、後継者にふさわしいです。
  5. 延陵季子、次男が小さいころから政治家に向いていると思っていたので、長男ではなく次男に跡を継がせましたが正解でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事