風岸孤峭【ふうがんこしょう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
風岸孤峭

【読み方】
ふうがんこしょう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
いかめしくて厳しく、角立って人と融和しないために孤独なこと。

【語源・由来】
『続通鑑綱目』「二三」より。「風岸」は性質が角立って人と融和しないこと。「孤峭」は性質がけわしく世間から孤立すること。


風岸孤峭(ふうがんこしょう)の使い方

健太
あそこの家のおじいちゃんは風岸孤峭だよね。家族はいないようだし、このままだと孤独死してしまうよ。
ともこ
そうね。もう少し柔軟な性格だったら、近所の人は話しかけやすいのにね。
健太
あのおじいちゃんのお風呂に柔軟剤を入れてみようか。
ともこ
そんなことをしたら余計に頑なになるに決まっているじゃないの。

風岸孤峭(ふうがんこしょう)の例文

  1. 健太くんは風岸孤峭なので、クラスで浮いています。
  2. 今は丸くなったけれども、昔は風岸孤峭だったので、常に孤立していました。
  3. 風岸孤峭な健太くんは、いつも心に怒りを湛えているようです。
  4. ともこちゃんは、風岸孤峭だった私にしつこいほど声をかけてくれた唯一の人です。
  5. 風岸孤峭な健太くんに、チームワークを必要とするバスケットボールは向いていないんじゃないかな。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事