風鬟雨鬢【ふうかんうびん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
風鬟雨鬢

【読み方】
ふうかんうびん

日本漢字能力検定
1級

【意味】
風にくじけずり雨に洗われる。風雨にさらされ苦労して勤労すること。

【語源・由来】
『柳毅伝』より。「鬟」はわげ、頭の上に束ね輪にした髪型。「鬢」はびん、耳ぎわの髪の毛。髪の毛を風雨にさらすこと。


風鬟雨鬢(ふうかんうびん)の使い方

健太
1000万人の人たちが7年間風鬟雨鬢して、ようやく黒部ダムができたんだよね。
ともこ
そうなのよ。その間171人の方たちが犠牲になってしまったの。
健太
黒部にけがはないって言われていたんだよね。
ともこ
工事のミスは死に直結するってことでしょう。こわいわよね。

風鬟雨鬢(ふうかんうびん)の例文

  1. 雨の日も風の日も風鬟雨鬢して、営業に駆けずり回りました。
  2. 今の平和な世の中を見ていると、風鬟雨鬢した甲斐があったというものだ。
  3. オリンピック開催に間に合わせるために風雨の日も休まず、風鬟雨鬢して完成させました。
  4. 社長の座が約束されている健太くんは、風鬟雨鬢することなんて今までなかったんだと思います。
  5. 風鬟雨鬢した日々があったから、今の成功があるんだと思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事