阮簡曠達【げんかんこうたつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
阮簡曠達

【読み方】
げんかんこうたつ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
小さなことにこだわらない、心の広いおおらかな人柄のたとえ。

【語源・由来】
「蒙求」阮簡曠達より。「阮簡」は人の名前。「曠達」は心が広く、小さなことにこだわらないこと。古代中国の晋の時代にいたとされる竹林七賢の一人の阮咸の甥である阮簡は、心が広くおおらかな人格だったということから。


阮簡曠達(げんかんこうたつ)の使い方

健太
ともこちゃん。ごめんなさい!ともこちゃんの花瓶をボールで割ってしまったんだ。
ともこ
ああ。そんなのいいわよ。形あるものいつか壊れるものよ。
健太
ともこちゃんが阮簡曠達でよかったよ。
ともこ
でも次は許さないわよ。

阮簡曠達(げんかんこうたつ)の例文

  1. ともこちゃんは阮簡曠達なので、怒ったところを見たことがありません。
  2. 健太くんだったら正直に話せば、阮簡曠達だから許してくれると思いますよ。
  3. ともこちゃんは、昔は阮簡曠達だったんだけど、あの事件以来人を遠ざけるようになってしまったんです。
  4. おじいちゃんは阮簡曠達なので、頼まれると断ることが出来ない性分なのです。
  5. ともこちゃんは阮簡曠達、人を疑うことを知りません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事