天罰覿面【てんばつてきめん】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
天罰覿面

【読み方】
てんばつてきめん

【意味】
悪事を働くと、その報いとしてすぐさま天が罰を下すこと。

【語源・由来】
「天罰」は、天の下す罰。悪事の報いとして自ずから受ける罰。
「覿面」は、ある物事の結果・効果・報いなどが即座に現れること。

【類義語】
因果応報(いんがおうほう)
自業自得(じごうじとく)
自業自縛(じごうじばく)
悪因悪果(あくいんあっか)
因果覿面(いんがてきめん)

【対義語】
善因善果(ぜんいんぜんか)

【英語訳】
Heaven’s vengeance is quick and sure.
Heaven’s vengeance is swift.

英語例文
天罰覿面だ Seaves you right!; Swift is Heaven’s judgment[vengeance,punishment].

天罰覿面(てんばつてきめん)の使い方

ともこ
ねえねえ、S中学校のYくんの話知ってる?
健太
僕は知らないけど・・・。あ、Yくんって確か、陸上やってて県大会で優勝したこともある子だよね。なんかあったの?
ともこ
それが・・・、Yくんこの前万引きしちゃって・・・。今度の陸上の大会にも出られなくなったし、学校からの推薦も取り消しになったらしいよ・・・。それに、その後も試験でうまくいかなかったり、その子のお母さんが病気になったりで不幸続きらしいよ。なんで万引きなんかしたのか、私には分からないけど・・・。
健太
僕もよく分からないなあ~。Yくんのことよく知らないし・・・。周りからの期待がプレッシャーになって大変だったかもしれないよね。だけど、あんなに真剣に部活動に取り組んで、キラキラ輝いてた子が万引きをしてしまうなんて・・・。そんなことしたら、大事なものをいろいろ失っちゃうよ。もったいないと思うし、天罰覿面って感じがして恐ろしい気持ちになるよ・・・。

天罰覿面(てんばつてきめん)の例文

  1. 仕方がないこととはいえ、私はあのお方を裏切ってしまった。今このようなことになっているのも、天罰覿面によるものなのだろうか。
  2. あんなひどいやつはそのうち天罰覿面で数々の災難が降りかかってくるに違いない。
  3. 私の先生は生徒たちに天罰覿面という言葉の意味を教え、クラスのいたずらっ子をその場で戒めた。
  4. 彼女は過去の過ちから、罪の意識に苛まれ、天罰覿面でこれからもずっと苦しみ続けることになるのではないかと恐れている。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事