匡衡壁鑿【きょうこうへきさく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
匡衡壁鑿

【読み方】
きょうこうへきさく

日本漢字能力検定
1級

【意味】
貧しい生活をしながら勉学に励むこと。苦学のたとえ。「匡衡」は中国前漢の学者の名前。「壁鑿」は壁に穴を開けること。

【語源・由来】
「西京雑記」二より。匡衡は幼い頃家庭が貧しく灯火の油を買うことができなかったため、壁に穴を開け隣家の明かりで勉学に励んだという故事から。

【類義語】
・蛍雪之功(けいせつのこう)
・鑿壁偸光(さくへきとうこう)
・車胤聚蛍(しゃいんしゅうけい)
・穿壁引光(せんぺきいんこう)
・孫康映雪(そんこうえいせつ)


匡衡壁鑿(きょうこうへきさく)の使い方

健太
父さんが、毎日勉強しろってうるさいんだよね。
ともこ
そりゃあそうよね。健太くんのお父さんは、匡衡壁鑿をして社長までのし上がったんだもの。恵まれている健太くんにはさらに頑張ってもらいたいわよね。
健太
父さんは父さん、僕は僕だよ。蛍の光や雪明りで勉強するなんてそんなことできないよ。
ともこ
電気をつけていいから、宿題だけでも毎日やりましょうね。

匡衡壁鑿(きょうこうへきさく)の例文

  1. 新聞配達をしながら匡衡壁鑿をして大学に進みました。
  2. 匡衡壁鑿をして人一倍勉強し、返済不要の奨学金をもらえることになりました。
  3. 匡衡壁鑿を経て今の僕があるので、同じ苦学生を一人でも多く助けてあげたい。
  4. 匡衡壁鑿をしていた私の下にあしながおじさんが現れ、生活を支援してくれました。
  5. 匡衡壁鑿をしていた僕は、アルバイトと勉強の掛け持ちで遊んでいる暇はありませんでいた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事