巍然屹立【ぎぜんきつりつ】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
巍然屹立

【読み方】
ぎぜんきつりつ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
人並みはずれてすぐれている人のこと。または、山や建物が一際高く立っていること。「巍然」は山がとても大きく高い様子。「屹立」は一際高く立っていること。「巍然として屹立す」とも読む。

【スポンサーリンク】

巍然屹立(ぎぜんきつりつ)の使い方

健太
ともこちゃんは巍然屹立、圧倒的な優秀さだよね。本当に僕の幼なじみなのかと疑ってしまう時があるよ。
ともこ
突然どうしたのよ。
健太
成績優秀、運動神経抜群、人望も厚い、もう完璧だよね。
ともこ
あら。眉目秀麗はないのかしら。

巍然屹立(ぎぜんきつりつ)の例文

  1. 巍然屹立、彼は人並み外れた記憶力を持っているので、テストの点数はほぼ満点ばかりです。
  2. 巍然屹立だった祖父は、後世にまで名を残すような偉業を成し遂げました。
  3. 巍然屹立、ともこちゃんは昔から、並ぶものがいない位優秀な人だったので、総理大臣になったと聞いても驚きませんでした。
  4. 巍然屹立、あの一際高いビルが建っている辺りは、雲が引っ掛かるようで天気が雨になることが多いのです。
  5. 巍然屹立、富士山はどの山よりも高く、昔はどこからでも見えました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事