牛驥同皁【ぎゅうきどうそう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
牛驥同皁

【読み方】
ぎゅうきどうそう

日本漢字能力検定
1級

【意味】
賢者が愚者と同一の待遇を受けるたとえ。賢者が粗末に扱われるたとえ。また、賢者と凡人が混じるたとえ。「驥」は一日に千里走ることのできる駿馬。「皁」は飼い葉桶のこと。「牛驥(ぎゅうき)皁(そう)を同じうす」と訓読する。

【語源・由来】
「文選」鄒陽より。足ののろい牛と一日に千里を走る駿馬が、一緒の飼い葉桶の餌を食べる意味から。また、牛馬と飼い葉桶を同じくして養われる意味から。


牛驥同皁(ぎゅうきどうそう)の使い方

健太
僕の兄さんは優秀なのに、牛驥同皁、他の社員と同じ給料なんだ。
ともこ
新入社員の内はしょうがないわよ。でも三年、五年と経つうちに給料に差が出てくると思うわよ。
健太
そういうものかな?
ともこ
そういうものよ。

牛驥同皁(ぎゅうきどうそう)の例文

  1. 人の三倍仕事が速い彼と、人より仕事が遅い僕が、牛驥同皁のように同じ給料で申し訳がない。
  2. 牛驥同皁、彼ほどの人間がこんなに粗末に扱われるなんて、もっと待遇がいい職場があるだろうに。
  3. 牛驥同皁、派閥争いに負けた彼は、彼の能力に見合わない単純作業をさせられています。
  4. 牛驥同皁、ゴッドハンドを持つ医師であろうがなかろうが、同じ大学病院に勤める限りは給料は同じです。
  5. 優秀な彼は、牛驥同皁、他の社員と同じ給料であることに不満を持っているようです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事