飛花落葉【ひからくよう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
飛花落葉

【読み方】
ひからくよう

【意味】
この世は常に変化しているということ。

【語源・由来】
花が風に散り、葉が落ちることから。世の移り変わりの、儚さの例え。

【スポンサーリンク】

飛花落葉(ひからくよう)の使い方

健太
飛花落葉を見て、世の中の無常を感じ取り、悟りをひらく人もいれば、重力を発見する人もいるし様々だね。
ともこ
重力を発見したのは林檎だけどね。
健太
常に変化する飛花落葉の世の中で、僕も何か不変の真理を発見をしたいなあ。
ともこ
そのために、まずは毎日の宿題をする事ね。

飛花落葉(ひからくよう)の例文

  1. 飛花落葉、明日どうなるかなんてわからない、毎日を楽しく生きよう。
  2. 飛花落葉、嘆くことはない、好景気もあれば不景気もあるものです。
  3. 飛花落葉、毎日モニターを眺めて変化し続ける為替に一喜一憂するような人生は送りたくない。
  4. 飛花落葉、存在するものはいつかは壊れる、だからその一千万円の皿を割ってしまったことを苦にすることはないですよ。
  5. 飛花落葉、老舗だからといって永遠に存続できるわけではないと知っているが、できるだけ長くのれんを守りたい。
  6. 飛花落葉、仲が良かった友人が次々と亡くなり、気付けば私も年をとったものだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事