還俗復飾【げんぞくふくしょく】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
還俗復飾

【読み方】
げんぞくふくしょく

「現世」は「げんせ」「げんせい」とも読む。

【意味】
出家した者が俗人に戻ること。

「還俗」と「復飾」は、一度出家したものが、再び俗人にかえること。法師がえり。

還俗復飾(げんぞくふくしょく)の使い方

ともこ
私の姉が、尼になっていたんだけど、還俗復飾するんですって。
健太
ええっ。どうして?
ともこ
どうしてもあきらめきれない恋に落ちてしまったんですって。
健太
恋はするものじゃなく落ちるものだからしょうがないね。

還俗復飾(げんぞくふくしょく)の例文

  1. 健太くんは、どうしても肉を食べたいという欲求に勝てず、還俗復飾することにした。
  2. ともこちゃんは、還俗復飾して、作家の道を歩み始めた。
  3. 健太くんの意思を尊重し、還俗復飾することを許可しました。
  4. ともこちゃんは、世をはかなんで出家したが、思うところがあって還俗復飾した。
  5. 還俗復飾した健太くんは、社長として利益追求の毎日だ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事