渭樹江雲【いじゅこううん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

スポンサーリンク

【四字熟語】
渭樹江雲

【読み方】
いじゅこううん

日本漢字能力検定
1級

【意味】
遠くにいる友人を気遣うこと。「渭樹」は長安郊外を流れる川、渭水のほとりの樹木。「江雲」は長江の空に浮かぶ雲。

【語源・由来】
杜甫「春日憶李白」より。渭水の北の地にいる杜甫が、長江にいる李白を思って詩を作ったということから。

【類義語】
・春樹暮雲(しゅんじゅぼうん)
・暮雲春樹(ぼうんしゅんじゅ)

【スポンサーリンク】

渭樹江雲(いじゅこううん)の使い方

健太
ともこちゃん。空手の修業のために一年間留学することになったんだよ。
ともこ
まあ。さみしくなるわね。でも、渭樹江雲よ。いつも健太くんの成功を祈っているし、手紙を書くわ。
健太
うん。ありがとう。僕がさぼりたくなったら、ともこちゃんのこわーい怒った顔を思い出してがんばるよ。
ともこ
私がこわいのは、健太くんが怒らせるようなことをするからでしょう。

渭樹江雲(いじゅこううん)の例文

  1. 渭樹江雲、遠くに引っ越した君は元気でやっていますか?
  2. 渭樹江雲、去年君と見た桜を今年は一人で見ていますが、いつかまた同じ桜を見たいですね。
  3. 渭樹江雲、冬が来たので寒さに弱いあなたが、風邪をひいていないか心配で手紙を書きました。
  4. 渭樹江雲、スープが冷めない距離に住んでいたのに、今は遠くに住むあなたのことを思って手紙を書いています。
  5. 渭樹江雲、遠く離れていても、君は永遠の心の友です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事