百年之柄【ひゃくねんのへい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
百年之柄

【読み方】
ひゃくねんのへい

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
後々のことを図る権柄のこと。

【語源・由来】
『後漢書』「班彪伝」より。「百年」は百年間もの長い間のこと。「柄」は支配する力・権力のこと。


百年之柄(ひゃくねんのへい)の使い方

健太
徳川家は百年之柄のために参勤交代の制度を考えたんだよね。
ともこ
家族を人質にとって、さらに武士の見栄っ張りな部分をうまく利用して参勤交代で散財させて武力をそぐなんて頭がいいわよね。
健太
テレビも図書館もない情報が少ない時代に、一からシステムを構築するってすごいことだよね。
ともこ
250年も続いたのは伊達じゃないわ。

百年之柄(ひゃくねんのへい)の例文

  1. 彼は長期政権の記録を更新中だが、百年之柄のために腹心の部下たちの意見にしっかり耳を傾けたことが功を奏したのだろう。
  2. おごり高ぶらないことが、百年之柄を実現させる秘訣ですよね。
  3. 百年之柄を成功させるためには寛容さと共感力が必要だと思うので、彼なら適任です。
  4. 百年之柄を望むならば、国民との信頼関係を築く必要があります。
  5. 目に入れても痛くないほどかわいい孫にこの座を譲るために、百年之柄を心がけています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事