竜興致雲【りょうこうちうん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
竜興致雲

【読み方】
りょうこうちうん

「りゅうこうちうん」とも読む。
「竜興りて雲を致す」とも読む。
日本漢字能力検定
準1級

【意味】
聖徳ある天子が立つと賢明な臣下があらわれるたとえ。竜が奮い興って雲を湧き起こす意。

【語源・由来】
王褒の文より。「致」はもたらす意。ここでは湧き起らせる意。

【類義語】
・虎嘯風烈(こしょうふうれつ)


竜興致雲(りょうこうちうん)の使い方

健太
父さんが、いい部下がいないって嘆いているんだよ。
ともこ
竜興致雲というわわよ。上司に徳があれば賢明な部下があらわれるらしいわ。
健太
父さんは徳のある上司じゃないなあ。
ともこ
じゃあ、いい部下を得ることは無理ね。

竜興致雲(りょうこうちうん)の例文

  1. 竜興致雲というように、有能な総理大臣のもとには賢い大臣が集まってきます。
  2. 監督は契約金が高くついたとしても優秀な人を選ぼう、竜興致雲というからね。
  3. 生徒会長である優秀なともこちゃんのもとには、竜興致雲というように、優秀な人材が集まりました。
  4. 優秀な健太くんが空手部の部長になれば、竜興致雲のごとく、優秀な部員が集まるんじゃないか。
  5. 校長先生が奇特な人だと、竜興致雲、奇特な生徒が集う。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事