鶴髪童顔【かくはつどうがん】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
鶴髪童顔

【読み方】
かくはつどうがん

【意味】
老いているが、元気なこと。
また、老人が精気盛んなことのたとえ。

【由来】
「鶴髪(かくはつ)」とは、鶴の羽毛のように真っ白な髪ということから、白髪ということ。
「童顔(どうがん)」とは、子供のような顔のこと。また、子供のように血色がいいこと。

鶴の羽のような白い髪だが、子供のように血色のいい顔をしているということ。

【類義語】
・童顔鶴髪(どうがんかくはつ)


鶴髪童顔(かくはつどうがん)の使い方

健太
うちのおじいちゃんは、毎日朝のジョギングを欠かさないし、町内会の集まりにも積極的に参加しているんだ。
ともこ
町内会のお祭りでは、健太くんのおじいちゃんがカラオケを歌っていたけれど、とっても上手だったわね。
健太
最近は、パソコンと英会話を覚えるために、教室へ通い始めたんだよ。いろいろなことに興味があると話していたよ。
ともこ
鶴髪童顔というような人なのね。いつまでも元気でいて欲しいわね。

鶴髪童顔(かくはつどうがん)の例文

  1. 近所のおじいさんは鶴髪童顔というように、地域の活動に積極的に参加しているだけでなく、夫婦で海外旅行も楽しんでいるようで、うらやましい限りだ。
  2. 鶴髪童顔というけれど、うちの会社の会長は一生現役のつもりでいるといって、毎日営業に回っている。若い私たちよりもずっと活動的だと思う。
  3. 父は定年退職したあとは、毎日ゴルフに通っている。父のような人を、鶴髪童顔というのだろう。
  4. お隣の老夫婦は、国内のフルマラソンに参加することが生きがいだと話していた。鶴髪童顔というけれど、生命力に年齢は関係ないのかもしれない。

まとめ

いつまでも活動的で、心が若々しくいられることは素晴らしいことではないでしょうか。
老いていくことは、避けられないことです。しかし、鶴髪童顔というように老いてもなお活動的でいたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事