花晨月夕【かしんげっせき】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

スポンサーリンク

【四字熟語】
花晨月夕

【読み方】
かしんげっせき

【意味】
春の朝と、秋の夜の楽しいひとときのこと。

「花晨(かしん)」とは、陰暦の二月十五日のこと。
「月夕(げっせん)」とは、陰暦の八月十五日のことをいう。

【由来】
「花晨」とは、花の咲いた朝のこと。
「月夕」とは、月の出ている夜のこと。

【類義語】
・花鳥風月(かちょうふうげつ)
・花鳥月露(かちょうげつろ)
・花鳥月夕(かちょうげっせき)

【対義語】

【英語訳】
the beauties of nature.

【スポンサーリンク】

花晨月夕(かしんげっせき)の使い方

ともこ
健太くん、今日の夜は一緒に月を見ましょうよ。
健太
そうだね。きっとキレイな月が見られるんじゃないかな。楽しみだね。
ともこ
花晨月夕というけれど、春になったら朝に咲く花を楽しみたいわね。
健太
秋が終わると、長い冬がやってくるけれど、花が咲くのが待ち遠しくなるね。

花晨月夕(かしんげっせき)の例文

  1. 夏は暑さに疲れてしまうけれど、花晨月夕を楽しみながら涼むのは楽しみのひとつだ。
  2. 花晨月夕を楽しむことは、心を豊かにしてくれると思う。
  3. 春には花を、秋には月を楽しむことができることは、四季があるからこそできることだと思う。花晨月夕を存分に楽しみたいものだ。
  4. 彼女は自然が好きだと話していた。特に、花晨月夕を楽しむことで、心が穏やかになると教えてくれた。
  5. 長くて寒い冬を越えたからこそ、春に花が咲くことをうれしいと思うのかもしれない。花晨月夕を楽しむことは、大切なことだと思う。

まとめ

美しいものは、この世の中にはたくさんあるのではないでしょうか。
しかし、自然の美しさというものは、人間には作り出すことのできないものですね。
花晨月夕というように、春の朝に花を愛でたり、秋の夜に月を楽しんだりするということは、心を豊かにするだけでなく、心を穏やかにしてくれるものなのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事