嫁鶏随鶏【かけいずいけい】の意味と使い方の例文(類義語・類義語)

スポンサーリンク

【四字熟語】
嫁鶏随鶏

【読み方】
かけいずいけい

日本漢字能力検定
2級

【意味】
妻が夫に従うことのたとえ。
妻が夫のもとで安んじていること。

【語源由来】
めんどりが、おんどりに従うということから。
「嫁鶏(かけい)」とは、めんどりのこと。

「嫁鶏(かけい)鶏(けい)に随(したが)う」と、訓読する。

欧陽脩(おうようしゅう)の詩「鳩婦(きゅうふ)の言(げん)に代(か)わる」より出典。

【類義語】
・嫁狗随狗(かこうずいこう)
・夫唱婦随(ふしょうふずい)

【スポンサーリンク】

嫁鶏随鶏(かけいずいけい)の使い方

健太
うちのお父さんはとても頼りになるから、お母さんはなんでもお父さんに相談しているんだ。
ともこ
そうなのね。いつも夫婦で仲が良さそうでうらやましいわ。
健太
お父さんとお母さんの仲の良さは、昔からずっと変わらないと、おばあちゃんが教えてくれたよ。
ともこ
嫁鶏随鶏、すてきなことだと思うわ。

嫁鶏随鶏(かけいずいけい)の例文

  1. 兄夫婦はまさに嫁鶏随鶏だ。兄の奥さんは、いつも穏やかで慎ましい人だから、親せきにもとても好かれている。
  2. 嫁鶏随鶏というような夫婦になりたいと思っていたけれど、気づけば嫁の尻に敷かれていた。
  3. 仕事では控えめな上司が、家庭では嫁鶏随鶏だと聞いて驚いた。人は見かけにはよらないものなのかもしれない。
  4. 嫁鶏随鶏と言われても、夫に任せていたら家庭は破たんしてしまうかもしれないので、夫に従ってばかりもいられない。
  5. お隣の奥さんは、嫁鶏随鶏というように暮らしているそうだ。

まとめ

嫁鶏随鶏というように、妻が夫に従い安んじているというような夫婦は、今の時代は少なくなっているのではないでしょうか。
結婚すると家庭に入ることが当たり前だった時代とは違い、結婚や出産をしても仕事をする女性も増えていますね。
夫婦の形も、時代とともに変化するものなのかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事