廓然大公【かくぜんたいこう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

スポンサーリンク

【四字熟語】
廓然大公

「廓然太公」とも書く。

【読み方】
かくぜんたいこう

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
心になんのわだかまりもなく、少しの偏りもないこと。

【語源・由来】
君子が学ぶべき、聖人の心を言う言葉のこと。また、聖人の心を学ぶ者の心構えのこと。
「廓然(かくぜん)」とは、心が広々としていて、わだかまりがないこと。
「大公(たちこう)」とは、公平で私欲がないこと。

「河南程氏文集(かなんていしぶんしゅう)」二「横渠張子厚先生(おうきょちょうしせんせい)に答(こた)うる書(しょ)」より出典。

【類義語】
・物来順応(ぶつらいじゅんのう)

【スポンサーリンク】

廓然大公(かくぜんたいこう)の使い方

健太
君子が学ぶべきことは、たくさんあるけれど、まず廓然大公ということが大切らしい。
ともこ
健太くん、ずいぶんむずかしい本を読んでいるのね。
健太
むずかしいけれど、為になりそうなことがたくさん書いてあるよ。
ともこ
あとで私にも読ませて欲しいわ。

廓然大公(かくぜんたいこう)の例文

  1. 廓然大公の心構えというものは、君子として必要なことだと学んだ。
  2. 人格者には廓然大公の態度というものが必要だ。
  3. 廓然大公ということが大切だとわかっていても、なかなかむずかしいことだと思う。
  4. 徳が高く品位のある、君子には廓然大公の態度が自然に身についているのかもしれない。

まとめ

廓然大公というように、心になんのわだかまりもないということは、なかなか出来ないことですね。
しかし、君子が学ぶべき聖人の心には、わだかまりや偏りがあってはいけないということでしょう。
君子という人格者は、常に心を穏やかに保って、公平に物事を考える必要があるのではないでしょうか。
誰にでもできることではないかもしれませんが、廓然大公ということを心がけてみることで、知識と道徳がすぐれているという聖人に、近づくことができるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事