汲汲忙忙【きゅうきゅうぼうぼう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
汲汲忙忙

【読み方】
きゅうきゅうぼうぼう

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
この上なく多忙なこと。「汲汲」は休むことなく、働き続けること。「忙忙」は多忙なこと。

【語源・由来】
「論衡」書解より。

【類義語】
・忙忙碌碌(ぼうぼうろくろく)

【スポンサーリンク】

汲汲忙忙(きゅうきゅうぼうぼう)の使い方

健太
ともこちゃん。今、時間あるかな?
ともこ
あるわけないでしょ!見てわからないの?汲汲忙忙よ!猫の手も借りたいくらいよ。
健太
本当だ。とても忙しそうだね。
ともこ
先生から仕事を押し付けられた上に、生徒会の仕事が溜まっているの!明日から試験だって言うのに、もう大変よー。

汲汲忙忙(きゅうきゅうぼうぼう)の例文

  1. 新しいプロジェクトの責任者になった彼は、汲汲忙忙とした毎日を送っています。
  2. 彼は、引っ越しの準備やそれにまつわる手続きで汲汲忙忙としています。
  3. 汲汲忙忙な状態の彼に話しかけるなんて、とても危険極まりない行為ですよ。
  4. 連載を五本も抱えている先生は、汲汲忙忙で、いつも締め切りギリギリなんです。
  5. 休むと仕事が無くなるんじゃないかと不安になるので、毎日、汲汲忙忙としている方が安心できて幸せなんです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事