春日遅遅【しゅんじつちち】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
春日遅遅

【読み方】
しゅんじつちち

【意味】
春の日が長くて、暮れるのが遅いこと。
また、春の日がうららかでのどかなこと。

【語源・由来】
「遅遅(ちち)」とは、春ののどかなさま。
ひねもすのたりのたりの意味。

「詩経(しきょう)」豳風(ひんぷう)・七月(しちがつ)より出典。

【類義語】
・春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)

【対義語】

【英語訳】
a spring day being long and balmy; serene spring day.


春日遅遅(しゅんじつちち)の使い方

健太
今日はとてもよい天気だね。
ともこ
そうね。風は穏やかで一面に咲き乱れるお花はとてもきれいね。
健太
ともこちゃんが、お弁当を作ってきてくれたんだよね。食べるのが楽しみだよ。
ともこ
春日遅遅をのんびり過ごすのは、幸せなひとときね。

春日遅遅(しゅんじつちち)の例文

  1. 春日遅遅をゆったりと楽しむことで、日頃の疲れが癒されるようだよ。
  2. お弁当を持ってピクニックへ出かけた。春日遅遅の休日は、心が穏やかになるね。
  3. 休日に目が覚めると、とてもいい天気だったので、公園へでかけて春日遅遅を楽しむことにした。
  4. 目まぐるしい毎日を過ごしていると、季節のことなど忘れてしまう。しかし、たまには春日遅遅の休日を家族で楽しむことも悪くない。
  5. 寒くて長い冬を終えて、春日遅遅を楽しむことが待ち遠しい。お弁当を作って、公園で日向ぼっこをしたいと思っている。

まとめ

春日遅遅というように、春のうららかでのどかな時は、心が穏やかになり癒されるのではないでしょうか。
忙しい日々を過ごしていると、いつの間にかストレスを抱えたり、疲れがたまったりしてしまうのではないでしょうか。
そのような時には、春日遅遅の休日を楽しむことで心の休息を取りたいものですね。心身ともにゆったりと過ごす時間も大切ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事