三軍暴骨【さんぐんばくこつ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
三軍暴骨

【読み方】
さんぐんばくこつ

「三軍、骨を暴す」とも読む。
日本漢字能力検定
4級

【意味】
戦いに大敗すること。

【語源・由来】
『春秋左氏伝』「襄公二六年」より。「三軍」は周代に、一軍を一万二千五百人と決め、諸侯の大国は三万七千五百人(三軍)保有するとされた制度で、転じて、大軍のたとえ。「暴骨」は兵士が死んで、骨をさらすという意味。


三軍暴骨(さんぐんばくこつ)の使い方

ともこ
健太くん。昨日のバスケットボールの試合はどうだったの?
健太
三軍暴骨したんだ。相手チームに、身長が180cmの選手がいて全く歯が立たなかったんだよ。
ともこ
何点差だったの?
健太
0-100だったんだ。

三軍暴骨(さんぐんばくこつ)の例文

  1. 健太くんは、空手の大会の決勝戦で三軍暴骨しました。
  2. ぐうの音も出ないくらいに三軍暴骨しました。
  3. 健太くんの采配ミスでその試合で三軍暴骨しました。
  4. 監督が相手チームを弱小チームと甘く見て油断していたため、思わぬ反撃をくらい三軍暴骨しました。
  5. 健太くんとともこちゃんが100メートル競走をしましたが、メタボリック気味の健太くんは、ともこちゃんに三軍暴骨しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事