言文一致【げんぶんいっち】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
言文一致

【読み方】
げんぶんいっち

日本漢字能力検定
4級

【意味】
いつも使っている話し言葉で文章を書くこと。または、明治時代の言論界や文学界に行われた、文体の改革運動のこと。

【語源・由来】
「言文」は口語と文語のこと。文学界では福沢諭吉や西周、文学界では二葉亭四迷や山田美妙などが推進した。


言文一致(げんぶんいっち)の使い方

健太
二葉亭四迷と夏目漱石は、朝日新聞社の社員として新聞に小説を書いていたんだよね。
ともこ
そうなのよ。二人の有名な作品はほとんど新聞に掲載されたものなのよ。
健太
毎日、文豪の作品が読めただなんて、贅沢な話だよね。
ともこ
そうよね。その時、新聞掲載のために言文一致体といわれる読みやすい現代的な文体を模索したと言われているのよ。

言文一致(げんぶんいっち)の例文

  1. 言文一致体で新聞に小説を発表した二葉亭四迷は天才です。
  2. 言文一致ができる前は、話し言葉と書き言葉が異なっていました。
  3. 森鴎外は、一度言文一致を試みましたが、文語表現に戻りました。
  4. 文語表現の作品を読んでいると眠くなってくるのだけれども、昔の人も同じだったようで、幅広い人にわかりやすい文一致が用いられるようになったそうです。
  5. 言文一致体で小説を読むことが出来る私は、現代に生まれてよかったと思っています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事