見風使舵【けんぷうしだ】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
見風使舵

【読み方】
けんぷうしだ

【意味】
風向きを見ながら舵を取る。情勢をうかがって態度を決めるやり方。 日和見主義。

「見風」は、観客の目に映った風姿。演技の出来ばえ。(世阿弥の用語)「使舵」は、舵を取ること。

見風使舵(けんぷうしだ)の使い方

健太
ともこちゃんは、どっちの生徒会長候補に投票をするの?
ともこ
私は、立候補することを聞いた時から、我が部の先輩に投票することに決めているの。健太くんは?
健太
情勢を見て、確実に当選する方に投票して恩を売りたいな・・・。
ともこ
見風使舵だなあ。

見風使舵(けんぷうしだ)の例文

  1. ともこちゃんの見風使舵な性分のせいで、決定が遅れた。
  2. 見風使舵な健太くんは、優勢そうなともこちゃんの側につくだろう。
  3. 健太くんは、情報を流すなどして見風使舵な態度をとっていた。
  4. ともこちゃんは、健太くんの見風使舵な態度を批判した。
  5. 悠長に見風使舵をしているうちに攻めこまれるぞ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事