錦上添花【きんじょうてんか】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
錦上添花

【読み方】
きんじょうてんか

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
よい出来事が重なることのたとえ。または、美しいものに美しいものを重ねることのたとえ。「錦上に花を添う」とも読む。

【語源・由来】
王安石「即事」より。美しいあや織物の上に、美しい花を添えるという意味から。


錦上添花(きんじょうてんか)の使い方

健太
オリンピックで日本の選手が金メダルをとったね。
ともこ
そうね。自分のことのようにうれしいわよね。
健太
しかもその選手が、もらった金メダルと報奨金を今回の水害にあった被災地に寄付するんだって。
ともこ
錦上添花ね。やっぱり普段から心身ともに鍛えているアスリートは心構えが違うわよね。

錦上添花(きんじょうてんか)の例文

  1. できちゃった結婚をみんなに批判されましたが、母だけは、錦上添花、めでたい授かり婚だと心からお祝いしてくれました。
  2. ともこちゃんが第一志望の学校に合格し、しかも主席合格で学費免除という、まさに錦上添花でした。
  3. ともこちゃんのような美しい人が、バラの花束を持つと錦上添花だね。
  4. 結婚披露宴で友人である有名な芸能人が歌を披露してくれて、錦上添花となりました。
  5. 満開の桜の下、ともこちゃんが美しい友人たちを連れてきての花見は、錦上添花、とても華やかなものになりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事