擒縦自在【きんしょうじざい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
擒縦自在

【読み方】
きんしょうじざい

日本漢字能力検定
1級

【意味】
自分の好きなように人を処遇すること。

【語源・由来】
「擒」は捕まえること。「縦」は逃がすこと。捕まえるのも逃がすのも思いのままという意味から。

【類義語】
・活殺自在(かっさつじざい)


擒縦自在(きんしょうじざい)の使い方

ともこ
健太くん。このごみを捨ててきてちょうだい。
健太
ええっ。今、忙しいから無理だよ。僕のことを擒縦自在にできると思わないでよね。
ともこ
あら。そんなことを言ったらもう宿題を写させてあげないわよ。
健太
うっ。今すぐごみ捨てに行ってまいります。

擒縦自在(きんしょうじざい)の例文

  1. 彼女の魅力には誰も逆らうことはできないので、彼女は、彼女の周りにいる人間を擒縦自在に使います。
  2. 偉くなった健太くんは、擒縦自在に人事を行い、嫌いな人間を遠くの支社に飛ばしました。
  3. 学園の陰の番長であるともこちゃんにとって、生徒はみんな擒縦自在です。
  4. ともこちゃんは、社員を擒縦自在にできる権力を持っているので、彼女の機嫌を取らないと出世できません。
  5. 先生は、擒縦自在にクラスの生徒の係決めを勝手に行ってしまいます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事