胡漢陵轢【こかんりょうれき】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
胡漢陵轢

【読み方】
こかんりょうれき

日本漢字能力検定
1級

【意味】
北方(西方)の異民族と漢民族がたがいにおかし争うこと。

【語源・由来】
『支那通史』「総論」より。「胡」は中国の北方または、西方の異民族のこと。「漢」は中国の漢民族のこと。「陵轢」はふみにじる、反目しあうという意味。

【スポンサーリンク】

胡漢陵轢(こかんりょうれき)の使い方

健太
胡漢陵轢するように尖閣諸島を巡って領海侵犯が繰り返されているよね。
ともこ
誰の土地なのか、結局、歴史的に見てどこまでさかのぼるかって話よね。
健太
地球の歴史から考えれば、地球のものであって、誰のものでもないね。
ともこ
そうなのよね。奪い合うこと自体愚かなことなのよ。

胡漢陵轢(こかんりょうれき)の例文

  1. 胡漢陵轢のような内戦という事態にならないようにしなくてはいけない。
  2. 元をたどれば同じDNAを持つ民族同士が、胡漢陵轢するなんて悲しい話です。
  3. 富士山頂を巡って、胡漢陵轢というように、山梨県と静岡県はお互いに自分の県だと主張しています。
  4. 隣の家と我が家は境目を巡って、胡漢陵轢のように、反目しあい、一触即発と言う感じです。
  5. 胡漢陵轢して死傷者が増えるくらいなら、じゃんけんで決めてしまえばいい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事