華亭鶴唳【かていかくれい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
華亭鶴唳

【読み方】
かていかくれい

日本漢字能力検定
1級

【意味】
栄華を極めた昔のことを懐かしみ、衰退した現状を嘆くこと。「華亭」は地名。「鶴唳」は鳥の鶴の鳴き声。

【語源・由来】
「晋書」陸機伝より。中国の東晋の時代の陸機は、讒言によって処刑される寸前に、故郷である華亭で鶴の鳴き声を聞く楽しみを思い出して嘆いたという故事から。

【スポンサーリンク】

華亭鶴唳(かていかくれい)の例文

健太
この商店街は、僕が小さかったころはもっと活気があったのになあ。
ともこ
華亭鶴唳していてもしょうがないわよ。活性化するためにどうすればいいか考えないと!
健太
そうだね。商店街に興味を持ってもらうために、まずは夏祭りをしてみたらどうだろう。
ともこ
それはいいわね。提案して見ましょう。

華亭鶴唳(かていかくれい)の使い方

  1. 髪の毛がふさふさしていたころはモテたのにと華亭鶴唳しています。
  2. 華亭鶴唳、製造が追いつかないくらい売れていたあの頃が懐かしい。
  3. 華亭鶴唳、鉱山を閉山する前は、とても活気がある町だったのに、今では人影がまばらだ。
  4. 華亭鶴唳、怪我さえしなければ、今でも現役選手として活躍できただろうに。
  5. 華亭鶴唳、選挙に落ちたらだれも訪ねて来てくれなくなってしまいました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事