渾崙呑棗【こんろんどんそう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
渾崙呑棗

【読み方】
こんろんどんそう

「渾崙、棗を呑む」とも読む。
日本漢字能力検定
1級

【意味】
人の教えのただ鵜呑みにするだけでは、その真理を会得することはできないということ。

【語源・由来】
『碧巌録』より。「渾崙」は黒色・頭・円形などにたとえ、ひとまとめにひっくるめての意味。「呑棗」は棗の実を呑むこと。棗の実をかまずに丸呑みしても、その味はわからないということから。本来、仏の教えについていった言葉。


渾崙呑棗(こんろんどんそう)の使い方

健太
授業を聞いていたら、その瞬間はなんとなく理解した気になるんだけど、家に帰って宿題をするとさっぱりわからないんだよね。
ともこ
渾崙呑棗というじゃないの。予習をして何となく理解したうえで、授業で先生の話を聞いて、さらに復習で完璧に自分のものにするのよ。
健太
なるほど。今までの僕の勉強は渾崙呑棗だったんだね。
ともこ
そうよ。予習、復習は大切よ。

渾崙呑棗(こんろんどんそう)の例文

  1. テレビを見て博識になった気でいてはいけない、渾崙呑棗です。
  2. 講演会で話を聞いて勉強するのはいいけれども、実践しないと渾崙呑棗ですよ。
  3. 人から話を聞いただけで分かった気になるのは危険、渾崙呑棗です。
  4. 渾崙呑棗、知合一致、実戦と経験が伴わないと本当の知とはいえない。
  5. 私は、教育には渾崙呑棗が大切であると思っているので、生徒と社会科見学に行くことが多いのです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事